交通事故示談の仕事を考える
HOME 病院 タクシー 怪我 入院 人身

弁護士に依頼するメリット

自分が交通事故に巻き込まれた場合には、例えば自動車を運転していたら
当該自動車がへこんだり、傷がついたりしてその修理に費用が発生することになるでしょう。


さらには、むち打ちなどの身体的なダメージを負うこととなりその治療費というものが発生します。


それに加えて、自営業者であったりする場合は休業に係る損害というのも
生じるでしょうし、交通事故にあったことにより精神的な損害を被ったとして慰謝料も発生します。

費用がかかる


これらの損害項目を一つ一つ自分で調べ、どの程度が相場なのかを把握した上で
加害者と交渉するとなると、手間ばかりかかることとなりますし、専門家でもないとすれば
交渉の結果、不当な不利益を被るおそれもあります。


交通事故に巻き込まれた場合には、その被害は金銭賠償として求めていくにしても
その請求金額と交渉については、法律の専門家である弁護士に依頼した方が
手間がかからないといえます。


これが弁護士に依頼する第1のメリットといえる点です。


弁護士が賠償額に影響を与える状況

このような手間とコストを外注するという意味で弁護士に依頼するメリットが
あるというのはわかりましたが、実はこれだけではなく賠償額に影響を与えるという点で
弁護士に依頼するメリットがあるのです。


これは慰謝料の算定についてが中心となります。具体的には損害賠償を支払うのは
実際には加害者ではなくその者が加入している保険会社が保険金として
支払うケースがほとんどであり、保険会社は自社の経営を考えると
賠償額を出し渋る傾向にあるという構造があるのです。


それが具体化するのは実際に賠償額が明確に算定できる治療費や
車の修理ではなく慰謝料の部分となるのです。


この部分について3種類の基準が存在しており、保険会社としては
最安値の基準で提示してくることが多いです。

金額の提示


しかし、弁護士に依頼することにより類似の判例で認められた
慰謝料の算定基準と額というものを示して交渉することにより、
賠償額をさらに上乗せすることが可能となるのです。


これが弁護士に依頼するメリットといえます。

CONTACT

気になるものは調べないと気がすまない。私の話。


交通事故弁護士
  サイン
  費用
  サイトマップ
  無料相談
  着手金
  過失割合
  メリット


Copyright(C)交通事故弁護士